新人社員が早く仕事を覚える

基礎を習得すれば仕事を覚えやすい

人材不足の解消や企業の将来を考えて新入社員を採用するのは良い判断ですが、仕事を覚えてもらうための体制が整っていないのは非常にもったいないです。
せっかく採用した人材なので、活躍してもらえるようにすることも会社側は検討すべきです。新入社員に仕事を早く習得してもらいたいのであれば、研修を実施しましょう。業務に取り組むうえで必要となる最低限の知識や技術の基礎を研修で教えることで、現場に配属された際に新入社員は仕事を覚えやすくなるメリットがあります。
ですから、まだ研修を実施していない場合は次の新入社員が入社した時を考え、内容を考えると良いです。指導役には社内の人材だけではなく、外部講師を招くことも視野に入れましょう。

短期間でも良いので研修を実施しよう

研修は新入社員が基礎を覚えるまで開催するのが理想的です。しかし、人材不足の会社はできるだけ早く現場で活躍してもらいたいですよね。このような場合は、短期間でも良いので研修を実施するだけでも、新入社員の仕事を覚えるペースはアップします。
一切実施せず、全てを現場で覚えてもらう方法は、基礎が全くできていないので覚えるまでに時間がかかったり、新入社員が自信を失ったりなど、良い方向に進まない場合があります。
数か月単位の研修は難しかったとしても、1週間や2週間程度であれば、人材不足の会社だったとしても、工夫すれば対応できるでしょう。人材に余裕のある会社は、新入社員のポテンシャルを発揮できるようにじっくりと研修を実施し、大切に育てることをおすすめします。