分かりにくい研修だと社員教育出来ない

意図が伝わらない研修では効果が薄い

社員教育で個々をレベルアップできれば生産性が向上したり、売上や利益アップに繋がるアイデアを出せるようになったりなどのメリットがあります。そのため、研修の実施は意味があるので、まだ一度も開催していない場合は検討すべきです。
ただ、意図が伝わらない内容の研修は効果が薄いため、十分な社員教育は難しくなります。すると、期待していたような結果が出ず、悩むことになるでしょう。
これでは、お金と時間をかけて企画した研修が無駄に終わるだけでなく、参加した社員の時間も奪ってしまうので、開催することがデメリットです。ビジネスで儲けるためにスピードは大切なので、他の会社に負けないようにするためには、無駄なお金と時間の消費は避けるべきです。

社員教育をするなら分かりやすさを重視しよう

社員研修を開催する場合のデメリットをメリットに変えるためには、意図がわかりやすい内容を重視すべきです。そうすれば、参加する社員は学ぶ姿勢になりますし、仕事で活かせる知識や技術を身に付けてもらえるでしょう。
たとえば、参加対象者の勤続年数や役職に合わせることは大事です。10代や20代の新入社員に対し、管理職に求められる知識を習得させようとしても、基本が身に付いていないので理解は難しいでしょう。
同様に、管理職が新入社員に必要な基礎的な研修を受けても意味がありません。ですから、勤続年数や役職に合わせて開催する研修の内容をしっかりと吟味して決めるようにしましょう。また、研修に参加した社員については、その後の仕事振りが変化したかどうかを知る必要があります。

新入社員研修では、基本的なビジネスマナーから専門知識に至るまでの幅広いカリキュラムが存在し、社会人としての心構えやスキルを習得するために役立ちます。