質が低い研修だと意味がない

研修を実施するなら質を意識しましょう

新入社員や既存の社員を育てるためには、日々の仕事に精一杯取り組んでもらうだけではなく、勉強する機会を設けましょう。たとえば、仕事に活かせる知識や技術を勉強可能な研修を実施すると、社員をレベルアップさせることができます。
しかし、とりあえず研修を実施すれば良いという考え方は間違っています。質の低い研修は何回開催しても社員のレベルアップに繋がりません。そのため、内容を十分に検討し、確実に効果があると判断できる場合に開催すべきです。
研修を開催するということは、企画や運営の担当者の人件費や使用する教材の購入費用など、お金がかかります。また、外部の講師を招くのであれば、さらに費用がかかることになるので、質の高さにこだわることは大切です。

質を重視するならある程度の時間を確保すべき

社員のレベルアップを図るために研修を開催する場合に質を重視する場合は、有る程度の時間を確保する必要があります。短時間で集中してもらうやり方でも効果は見込めますが、やはり学ぶ時間は多い方が多くの知識や技術を身に付けられます。
新入社員の場合は現場での仕事を始める前にじっくりと研修を実施できる環境を準備すべきです。一方で既存の社員については仕事の合間に参加する状況になるので、一度の参加で全てを学んでもらうよりは、数日に分けた方が仕事と両立しやすいでしょう。
また、研修を数日に分ければ復習する時間を作れるので、より習得できるようになります。外部の講師を招く場合はスケジュールの調整が必要となるので、早めに検討を始めるのが成功のコツです。

社員研修とは、新規雇用された社員の新人研修や、現職のレベルアップを図るスキルアップ研修などがあります。社内で仕事をしながら行うOJTや、外部機関で行う時もあります。